ハイプナイトはルネスタと同じ効果があるの?

ルネスタとハイプナイト

不眠症状の中には寝つきが悪く、布団の中に入っても1~2時間以上、またはそれ以上の時間がたっても眠れないという症状があります。
医学用語では、入眠障害と呼ばれています。

「眠れないだけで大げさな」と感じる人もいるかと思いますが、前回もお話したように眠れないことは日常生活に支障をきたすこともあるのです。

入眠障害を治療するお薬として、本国の医療機関では主にルネスタが処方されるケースが多く、入眠問題を抱える人は一度は飲んだことがあるかと思います。

今回は、そのルネスタのジェネリック医薬品であるハイプナイトについて紹介していきます。
ジェネリックとは言っていますが、本当に同じ効果を発揮してくれるのでしょうか?

本記事ではハイプナイトの効果について深く掘り下げていこうと思います。

効果はルネスタと同じといえる

ハイプナイトの効果

ハイプナイトは、日本の医療機関で処方されるルネスタと同じエスゾピクロンを配合しています。
そのため、単純化して見ればルネスタと同じ効果を発揮するといえます。

有効成分であるエスゾピクロンは、入眠を促進するように作用して、即効性をもたらしてくれます。
ちなみにハイプナイトとは商品名に過ぎず、お薬を飲む時は有効成分に着目したほうがいいですよ。

脳内にはガンマアミノ酪酸というリラックス効果をもたらす物質があります。ハイプナイトは、このガンマアミノ酪酸を増やすように作用。
すると、身体は疲れているのに入眠できないという問題もなくなり、スッと入眠できるようになるのです。
寝つきが悪い日や、眠れないことへのイライラや焦燥感も脳内リラックス効果によって解消されるので安心して入眠作用が期待できます。

効果がある・ないは個人差アリ

ハイプナイトは、先発薬であるルネスタと同じような効果が期待できますが、100%誰にもで効果を発揮するとはいえません。

あくまでも、入眠効果が期待できるお薬という認識で把握しておきましょう。
これは先発薬であるルネスタでも同様のことが言及できます。

不眠症患者の中には「ルネスタなんてまったく効かないよ!」と感じている人もいます。
ルネスタはこれまでの睡眠薬よりも安全性に特化するように開発されたお薬なので、効果が弱いと感じてしまう人もいるようですね。

ハイプナイトは効果ある?ない?体験者の声

ハイプナイト口コミ

ここではハイプナイトを服用した人の口コミをチェックしてみましょう。
効果があったと実感している人もいれば、効果がないと不満に思っている人もいるようですよ。

【効果があった人の声】

・ハイプナイト3mgを飲んだが、いつの間にか寝てて朝起きたらヨダレだらけだった笑・眠れるまでが長いし、眠りの質も低く大変だったけど、毎晩ぐっすりです。

・久しぶりに爆睡。旦那いわく超絶うるさいイビキをかいていたそうな。

【効果に不満がある人の声】

・苦いだけでなんも寝れない。・まったく眠れない。最悪です。

・2mgの100錠セット買ったけど、眠れないからどうしたものか。捨てるか。

どうやらハイプナイトの効果に関しては賛否両論あるようですね。
ハイプナイトもルネスタと同様に不眠症治療薬には変わりありませんが、有効成分であるエスゾピクロンが単に症状や身体に合っていないだけかもしれません。

そのため「ハイプナイトだから効かない」とは一概には言えず、そもそも病院処方であるルネスタで効果がなかった人はハイプナイトの効果も期待できません。

ハイプナイトを飲む場合は、病院処方のルネスタを服用してみて、身体にあった人が買うべき医薬品であります。

ハイプナイトの製造バックグラウンド

バックグラウンド

ハイプナイトは、インド製のジェネリックです。
コンサーン・ファーマという製薬会社が製造しており、「手頃な価格で高品質のヘルスケア製品を提供する」を目標に掲げているメーカーでもあります。

コンサーン・ファーマはハイプナイトのような睡眠薬の他にも、抗うつ薬や抗不安薬、抗精神病薬、産婦人科治療薬、抗生物質などと150以上を超える商品を開発しています。

インド製薬と聞くとちょっと不安になる人もいるはず。
「ええ?大丈夫なの?」「途上国で作られている薬?」と感じるのも無理はありません。
しかし実は、インドはお薬大国とも呼ばれているほど医療技術が高い国でもあるのです。

各国の医療研究チームが集うほどで、さまざまなジェネリックが開発されています。

ハイプナイトは違法に作られた薬?

ハイプナイトは、違法に作られた薬とも呼ばれています。
確かに、ハイプナイトはルネスタの新薬としての特許が切れる前に製造・販売された医薬品です。
特許とは、新薬を初めて製造・販売し始めたメーカーだけが持つ独占販売権のことです。
短くて5年、長くて20年以上は独占的にメーカーが販売できるため、その間は他のメーカーはジェネリックを作ってはいけない決まりになっています。
しかしインドには独自の特別ルールがあり、新薬の特許が切れる前でもジェネリックを製造してもOKとされていました。

そのため、インドではいち早くルネスタのジェネリックが製造されているのです。